BLOG

2015年05月11日 / , ,

6月6日(土)セルフケアのためのホメオパシー講座『心のケアのためのホメオパシー 〜悲しみを抑え込まないで〜』のお知らせ


来月6月6日(土)のセルフケアのためのホメオパシー講座Lesson5は、『心のケアのためのホメオパシー 〜悲しみを抑え込まないで〜』がテーマです。

日本における睡眠薬、抗不安薬、抗うつ剤の消費量はうなぎ登りです。
医療機関が処方する向精神薬のうち、患者様1人に処方される1日の睡眠薬の量が05~09年の4年間で3割増えたことが、厚生労働省研究班による過去最大規模の約30万人への調査で分かりました。 処方された患者様の約3割が4年後も服用を続け、このうち薬が減っていない人は約7割に上ります。 日本では、睡眠薬・鎮静剤が年間18億錠消費されており、世界でも群を抜いています。
 向精神薬を4週間以上服用すると、薬に対して耐性がつき効果が減少したり、薬に対して依存性がでることもあります。 急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれ、大変苦しまれる患者様もいらっしゃいます。 世界保健機構WHOは、向精神薬の使用は、1ヶ月以内であれば有用だが、1ヶ月を超えて使用するメリットはないと提言しています。
ストレスの多い世の中、薬を飲まなければやっていけない状況もあるかもしれませんが、やはり薬、特に向精神薬は出来れば長く飲みたくないものです。 では、どうしたらよいのでしょうか? ホメオパシーをセルフケアに取り入れることにより、不安や焦燥感、不眠などが軽減し、向精神薬から離脱することが可能になります。 ホメオパシーは今から250年以上前にドイツで確立された自然療法です。 20120725tc.jpg自然にあるものを希釈振盪を繰り返して作成するので、安全で副作用もほとんどありません。 ところが、適切に使用すると、現代医学の薬よりも、驚くほど早く、安全に症状を改善してくれます。 セルフケアには、ぴったりの療法です。
今回のセミナーでは、精神的なストレスがあり、不安や不眠に悩んだとき、ホメオパシーでどのように対処できるか、わかりやすくご説明します。 向精神薬を現在服用中で、薬を減らしたいと考えている方にもお勧めです。  向精神薬は急にやめると、離脱症状が出ることがありますので、薬をやめるときにも注意が必要です。 これらの点についても、詳しくご説明します。
完全予約制となっていますので、事前に、お電話022-397-8337、またはメールでご予約を御願いします。 どうぞお気軽に、ご参加下さい。
院 長

☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆・
6月6日(土)13:30~15:00
セルフケアセミナー 【ホメオパシー Lesson5】
中級3.心のケアのためのホメオパシー 〜悲しみを抑え込まないで〜

【主な内容】
 ホメオパシーについて: ホメオパシーの基礎を学びます
 レメディについて :心のケアに効果がある代表的なレメディの選び方、飲み方を学びます。
 レメディを選んでみよう:サンプルの症例から適したレメディの選び方を実践します 
 定 員:15名 
 受講料:3,240円(税込)
 持ち物:筆記用具、お飲物(お好きなお飲物をご持参ください)
 講 師:統合メディカルケアセンターTee of Life院長 朴澤 孝治
 申込み:Tree of life 022-397-8337 または e-mail にて
☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆・

【ホメオパシーセルフケアシリーズの年間のスケジュール】
ご興味のある講座のみを受講されるのもいいですし、年間を通じて受講し、
全課程を修了されると、院長より、修了認定書をお渡しします。
☆皆様のお越しをお待ちしております☆
2014年 10月 4日  初級1.はじめてのホメオパシー (終了しました)
2014年11月 29日  初級2.子供のためのホメオパシー 〜急性疾患ABC〜(終了しました)
2015年2月 21日 中級1.花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎のホメオパシー(終了しました)
2015年4月 11日 中級2,女性のためのホメオパシー ~更年期障害、月経前症候群からの開放~(終了しました)
2015年 6月6日 中級3.心のケアのためのホメオパシー 〜悲しみを抑え込まないで〜
2015年8月1日    上級1.映画で学ぶホメオパシー 〜根本レメディを探そう〜



Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.