BLOG

2016年11月05日 / ,

高濃度ビタミンC点滴療法の流れ

高濃度ビタミンC点滴をご希望される方へ

TOLでは、安全に高濃度ビタミンC点滴治療を受けて頂けるよう下記の流れで行っております。

 

 1.初回の来院(事前検査・概要説明) 

ー院長より高濃度ビタミンC点滴の概要をご説明いたします。
ー点滴療法同意書をご記入いただきます。
ー点滴前にG6PD検査をお受けいただきます。※別途G6PD検査費用が必要です
 G6PDバイオセンサーアナライザーにて測定

※G6PD検査とは・・・
G6PDは、赤血球にある酵素のことです。この酵素が遺伝的に欠損していると、高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こすことがあります。日本人には稀ですが、事前にそのG6PDの検査を行うことで安全に点滴をお受けいただけるか確認をします。

※G6PD欠損症とは・・・img_0777 赤血球にあるグルコース6リン酸脱水素酵素という酵素が欠損している状態。下記の方は点滴療法をお受けできません。予めご了承ください。
ーG6PD欠損症、低下症の方
ー心不全の方
ー腎不全の方 高度の腎機能低下、透析中の方
ー胸水、腹水のある方032

 2.2回目以降の来院(問診・点滴)


ー点滴療法問診票をご記入いただきます。
ー血圧の測定
ー高濃度ビタミンC点滴

※点滴の頻度について・・・img_0778
アンチエイジングのビタミンC点滴療法は継続的に行うと効果的です。2週に1回〜月1回お受けいただくことをオススメしております。点滴の頻度及び投与量はTOL院長とご相談ください。

※高濃度ビタミンC点滴の効果を高めるには・・・
高濃度ビタミンC点滴は2週〜1ヶ月に1回程度ですが、治療をしない日は血中濃度が下がってしまいます。またビタミンCは水溶性の為、すぐに尿に排出されてしまいます。効果の持続のためにも1日4gのビタミンCをサプリメントで摂取することをオススメしております。高濃度のビタミンCサプリメントに関してTOL院長にお気軽にご相談ください。

032
【ご参考】 

☆高濃度ビタミンC点滴療法について http://tree-of-life.jp/blog/2016/10/13640

☆点滴療法研究会                https://www.iv-therapy.org/g_info02.php

 

<お問い合わせ>
統合メディカルケアセンターTree of Life
●電話:022-397-8337 または
お問い合わせフォーム  へご連絡ください。

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.