BLOG

2016年12月27日 / , ,

今年こそ!スギ花粉症に負けないカラダ作りを始めましょう。

今年のスギ花粉は例年並みの飛散が予想されています。抗アレルギー剤を内服すると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状は抑えられますが、アレルギー体質が改善するわけではありません。薬を飲み続けても、毎年春になれば花粉症が発症しますし、花粉の飛散量が多ければ症状を抑えることはできません。


スギ花粉症に負けないために!
 その1 

ホメオパシーによる体質改善>

花粉が飛散する2月上旬から、4月上旬までの2ヶ月間、スギ花粉から作成された「レメディ」と呼ばれる体質改善のお薬を毎日一粒ずつ内服する方法です。眠気や口渇などの副作用もないので、小さな子供さんや、妊娠中、授乳中のお母さんもOK!アレルギー体質が変わるので、鼻の症状だけでなく、目のかゆみや喘息、皮膚症状も改善します。

*保険外 薬代2ヶ月分 7,020円(税込)

<参考リンク> ■スギ花粉症の体質改善    ■そろそろスギ花粉症の準備を



スギ花粉症に負けないために!
 その2 

<腸内環境を整える!>

様々なアレルギー反応は、IgEというタンパク質が肥満細胞と呼ばれる細胞表面にある受容体に結合することで、始まります。腸内細菌を整えると、パイエル板のリンパ球の機能が正常化し、IgEの値が低下することが最近わかってきました。

①食事
肉などの動物性高たんぱく質の食事や甘いものを控え野菜たっぷりの食事に変える。


②適度な運動
ウォーキングやヨガなど軽い運動で血の巡りをよくし、腸を活性化する。


③腸内の善玉菌を育てる
ヨーグルトには乳酸菌が沢山含まれていますが、ほとんどの乳酸菌は胃酸で破壊されてしまい、うまく腸に入っても生着することなく、便となって出てしまいます。日本で開発されたサプリメント『アルベックス』は、自分の腸内細菌の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌を減らす作用があります。TOLにて取扱中!!


<参考リンク> ■【アンチエイジング健診】〜腸内環境検査〜

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.