BLOG

2017年04月24日 / ,

5月病と自律神経失調症

季節の変わり目に体調を崩しやすいと感じていませんか?
 五月病 は、年度初めの環境の変化で交感神経をすり切らしてしまったところで、ゴールデンウィークに突入し、一気に副交感神経優位になることで発症します。体調不良を訴えて当院を受診された240名の患者様の自律神経の検査をすると、半分以上の方は交感神経が慢性のストレスですり切れている状態でした。



交感神経がすり切れてしまうと、薬をのんでも、いくら体を休めても回復しません。ご自分が楽しみながら、軽く汗をかくくらいの1日15分の有酸素運動の習慣を毎日の生活に取り入れると、交感神経が再生し、体調がよくなります。


TOLでは、ご自宅でも簡単にすぐできるようなメニューで 【自律神経改善プログラム】として毎月レッスンを開催しています☆わかりやすくコツやポイントも解説するので、初めての方でもすぐに実践して頂けます。

5月のスケジュールはこちら☆ ぜひお気軽にご参加ください。

まずはご自身の自律神経のバランスを確認しましょう。TOLでは、自律神経の状態や精神的ストレス、肉体的疲労度を測定することができます。数値化してきちんと体の状態を把握し、適切は治療を行いましょう。

 


<参考リンク>

■五月病対策 Good-Bye May Blues! 〜自律神経のおはなし編
■【自律神経改善プログラム】5月スケジュール
■5月病と副腎疲労

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.