BLOG

2017年12月07日 / , ,

お酒と安全に付き合うために 〜きちんと知ろう。あなたは何タイプ?〜

12月は、忘年会などお酒を飲む機会が多い季節ですね。世の中には、酒豪と呼ばれる人、少し飲んだだけで赤くなる人、お酒がまったく飲めない人などいろいろなタイプの人がいます。お酒の強い・弱いは遺伝子で決まっていて、口内粘膜の遺伝子を調べることで、自分の適量のお酒を知ることができます。お酒に含まれるアルコールは、アルコール脱水素でアセトアルデヒドに分解され、更にアルデヒド脱水素酵素で酢酸に文化されます。アセトアルデヒドが体内に蓄積すると、顔が赤くなったり、頭痛やめまい、吐き気を引き起こし、二日酔の原因にもなります。がんを発生することもあるといわれるくらい体にとって有害です。これが酢酸まで分解されると無害になります。アルコールの分解能力の違いによって、「お酒の強さ」や「飲酒による健康障害リスク」を知ることができます。


アルコール感受性遺伝子検査の結果では9つのタイプに分類され、遺伝子カードとして渡されます。このカードを利用して、酒宴の雰囲気を崩さず、ご自分の適量のお酒を楽しむことが可能です。お酒はほどほどですと「百薬の長」と言われ、健康にも良いとされていますが、飲み過ぎは「万病のもと」と昔から言われています。お酒と上手に付き合っていくためには、適量飲酒すなわち『自分の体質を知る』ことで健康管理をおこなうことが大切です。検査希望の方は、お気軽にスタッフまでご相談ください。


 —こんな方におすすめ— 

               □ 20才になり、お酒を飲み始める頃に
               □ 大学や会社に入り、お酒のつきあいが増えるとき
               □ 飲酒で、体調不良や記憶を失った経験がある
               □ お酒を飲むと、顔が赤くなる
               □ 仕事柄、お酒を飲む機会が多い
               □ 飲酒により、二日酔や体調が悪くなる


 < 検査のご予約・お問い合わせ > 

 お電話またはメールにてお申込ください。
統合メディカルケアセンターTree of Life 受付
電 話:022-397-8337
メール:http://tree-of-life.jp/contact

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.