BLOG

2018年11月02日 / ,

風邪とインフルエンザ予防の栄養素

 NRサプリメントアドバイザー通信 * by Iwama 



おいしく食べることで健康になりましょう!
風邪とインフルエンザ予防の栄養素


秋から冬への季節の変わり目、寒くなると増えてくるのが『風邪』と『インフルエンザ』ですね。予防策にはうがいや手洗いなどがありますが、食生活でも防ぐ事が可能になってきました。キーワードは『ビタミンD』と『腸内環境』です。

『ビタミンD』は骨の形成や成長に重要な栄養素であることは皆さんご存知かと思いますが、近年『インフルエンザ』の発症にも関係があることがわかってきました。沢山あるビタミンの中で、『ビタミンD』は唯一、体内で生成されるビタミンで、日光を浴びることで生成されます。紫外線ケアやライフスタイルの変化によって、日本人の半数以上が『ビタミンD』が不足していて、年々血中の『ビタミンD』濃度が低下しているというデータもあります。特に冬場は日照時間が少ないため、体内で生成される『ビタミンD』が減ってしまいます。年間で『ビタミンD』の血中濃度が一番低い月と『インフルエンザ』発症のピーク月が同じという報告もあります。だから食品やサプリメントで『ビタミンD』を補い、『インフルエンザ』を防ぐ必要があるのです!



文:岩間久美/看護師・NRサプリメントアドバイザー






Copyright © 2018 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.