BLOG

2019年05月07日 / 

5月病に効くツボ

5月は新緑の芽が上に伸びていくように、木の性質を持った季節になります。
それゆえ、冬に養生を怠ったり、発散が上手くいかないと様々な不調が
上半身(頭痛、めまい、肩こりなど)に現れやすくなります。
.
 この症状が出ないように、関元にお灸をしましょう。 
.
関元(別名:丹田)の「関」は門に木の閂(かんぬき)をかけるという意味を持ちます。
関元へお灸をすると、草木が土に根をはるように下腹部がしっかりしてきます。
梅雨に向けても効果的です。ぜひ、お試しください♪

.

出典 https://www.sennenq.co.jp/solarterm/立夏-2/

.

鍼灸師:佐藤光恵

Copyright © 2019 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.