コンセプト

21世紀の医療は、治療から「創療」へ

症状の70%を治す近代西洋医学

日本の医療は、明治以降、近代西洋医学のみの医療体系ができ上がりました。近代西洋医学の恩恵は図り知れないものがあります。人の平均余命は1900年の男性42.8歳、女性44.3歳から、2000年には男性77.6歳、女性84.6歳と伸びています。いま、私たちが抱える病気、症状の約70%は、西洋医学を中心とした現代医学で解決できるとされています。

西洋医学の限界、長期間にわたる対症的な治療

一方、未だ現代医学で解決できない分野もあります。生活習慣病や慢性疾患、また現代病といわれる、アトピー性皮膚炎、機能性胃腸症、花粉症、うつなど、近代西洋医学の効果に限界があることは否めません。この様な病気には対症的な治療が行われ、病気の進行を遅らせたり、症状の緩和をはかる目的で薬物治療が一生涯続けられます。長期に服用する薬物の副作用も心配されます。

積極的に補完・代替医療を採り入れる「創療」へ

人間には、本来「自然治癒力」とよばれる自分で自分を癒す力があります。その力を引き出す医療として、伝統医学や補完・代替医療が見直されてきています。統合メディカルケアセンターTree of Lifeは、この積極的に補完・代替医療を採り入れる医療を「創療=統合メディカルケア」と位置づけ、患者様の創造的な健康維持のサポートを行っています。

伝統医学、補完・代替医療の例

  • 伝統医療
    鍼灸、漢方、チベット医学、アユールウェーダなど
  • 食事療法
    サプリメント、健康食品、ハーブ、ファスティング指導など
  • 徒手療法
    指圧・マッサージ、リンパドレナージ、アロマセラピーなど
  • エネルギー療法
    ホメオパシー、フラワーレメディ、直傳靈氣、ヨーガ、磁気療法、気功、呼吸法など
  • 心理療法
    カウンセリング、催眠療法 、リラクゼーション法 、瞑想、音楽療法など

西洋医学の医師がトータルコーデイネートする「統合メディカルケア」

統合メディカルケアセンターTree of Lifeは、人間が本来備えている自然治癒力を高め、病気になりにくい心身を目指します。併設の朴澤耳鼻咽喉科で行う西洋医学、漢方に加え、ホメオパシー、ヨーガ、直傳靈氣、呼吸法などを積極的に取り入れて、自律神経の乱れ、からだ・こころ・たましいの不調を正常化し、病を癒します。

創療(積極的に自然治癒力をひきだす)

私たちはみな本当は健康になりたがっています。もともと人間の体に備わった治る力(自然治癒力)を最大限に引き出していくことが、これから求められる治療です。積極的に自然治癒力を高め、心身ともにバランスの取れた健康を目指す、それが統合メディカルケアです。

個療(一人ひとりに向き合う)

健康であるためには、より深いお一人お一人に合わせた治療が必要です。医師である院長が患者様のご相談を伺い、それに適した治療を提示します。患者様にとって必要なものだけを組み合わせた、最適なオーダーメイドの治療のご案内をさせていただきます。

温故治新(先進医療と伝統医学をつなぐ)

西洋医学の優秀な診断能力という側面を大切にし、悠久の歴史を持つ東洋医学、自然治癒力を引き出す自然医学を包括した新たな医療のカタチを追求します。まさに「温故治新」。先進医療と伝統医学をつなぎ新しい医療のあり方を提案します。

創美(美容・健康・アンチエイジングにみちびく)

本当の健康とは何でしょう。前向きに毎日を過ごせること。美しいものを感じる感性を持つこと。Tree of Lifeは調和のとれた健康を目指して、本来の健康的な生き方について共に考えます。Tree of Lifeが目指すアンチエイジングとは生涯にわたる「積極的予防医学」です。

全診(生命まるごとを診る)

現代西洋医学は疾患そのものとそれに対する治療法(対症療法)を重視してきました。これに対して、統合メディカルケアは"Body-Mind-Spirit"のつながりや「環境」まで含めたホリスティック(全体的)な視点で健康を考えます。

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.