BLOG

2019年08月31日 / 

鍼灸は「痛くて熱い」は本当!?

.

こんにちは、TOL鍼灸セクション担当の鍼灸師:佐藤光恵です^^♪

突然ですが、鍼灸は、鍼は痛くて、灸は熱いものというイメージが強いでしょうか?

科学が進歩しているように鍼灸も進歩しています。鍼は髪の毛のように細く、痛みの少ない鍼が作られ、お灸も以前は、火傷を作るのが当たり前だったものが、現在は「温かい熱感を与えるもの」と考えが変わってきています。鍼灸を受けた患者様から、血行がよくなり「お風呂に入った後のよう!」と感想を聞くことが多くあります。そうです、現在の鍼灸は気持ち良いものなのです!そして、若いときから長い間鍼灸を受けられている方の多くは若々しく見えるということです。私は鍼灸で、未病の段階で病気を予防し、病気の際の身体の変化にいち早く気づき、皆さまが健やかに生活出来るようお手伝いさせて頂きたいと考えています。

.

.

○ 鍼灸治療を受けて頂きたい方
.
鍼灸は元々、赤ちゃんからご老人までどのよう方々も受けていたものです。もっとも施術を受けて頂きたい方は、西洋医学で対応していない「未病」の段階の皆さまです。また、西洋医学の治療を受けながら、補助的、補完的に鍼灸の施術を受けて頂くこともおすすめ致します。

.

.

○ 未病とは
.
東洋医学的に「治未病」という言葉があり、事故などのケガ以外の病気はほとんどが突然発症するのではなく、徐々に病気を形成していると考えられています。鍼灸では病気を発症する前の「未病」の段階で、身体を健康な状態に戻すことを一番に考えています。休んでも疲れがとれない、気持ちが落ち着かない、検査では異常はないが身体に不調を感じるなどがあれば未病の状態です。ぜひ、一度鍼灸施術をお受け下さい。

※ただし、自分では未病と思っても、すでに病気を発症されている方もいらっしゃいます。鍼灸師は東洋医学だけでなく、西洋医学の知識も持ち合わせていますので、異常がみられる場合は鍼灸を受けられる前に病院の受診をお勧めすることがございます。

.

.

病院に行っても改善がなかったこんな症状、ご相談ください。
.

      慢性的な痛み、症状…肩こり、腰痛、座骨神経痛、膝痛、慢性胃炎、便秘、頭痛、耳鳴
      自律神経失調症…更年期障害、生理痛、冷え、のぼせ、軽度のめまい
      体調不良…大病後、産後、不眠、疲れやすい、何となく調子が悪い
      アンチエイジング…シワ、たるみ、顔のくすみ   etc

.

.

使う鍼は「安心安全」
.

使用する鍼は、髪の毛ほどの太さで、すべて使い捨てのため感染の心配がありません。また、鍼が苦手・不安な方は、刺さない鍼や、置き鍼も準備しています。鍼が苦手な方は、お気軽にご相談ください。

.

.

どうぞお気軽にご相談ください^^♪

.

佐 藤 光 恵
鍼灸師、あん摩・マッサージ・指圧師・せんねん灸セルケアサポーター

.

鍼灸治療に関するお問合せ、施術のご予約はこちら▼

.

統合メディカルケアセンターTree of Life
電 話:022-397-8337

メール:https://tree-of-life.jp/contact 

.

ホームページ:https://tree-of-life.jp/menu/shinkyu
.

Copyright © 2019 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.