BLOG

2020年07月03日 / 

《 教えて!朴澤院長 》コロナ疲れで体調が優れない方へ


.


7月なのに、五月病にまだまだ注意が必要!?


例年ゴールデンウィーク明けの5月に、自律神経のバランスを崩して体調不良を訴える、いわゆる五月病の患者さんの受診が増えます。 今年は、Stay home だった4月から5月を過ぎ、非常事態宣言が解除された6月上旬より、五月病の症状を訴える患者さんが沢山受診されています。
Stay home の期間、毎日の生活のリズムが乱れ、自律神経のバランスが崩れてしまったようです。例年と違うのは、交感神経と副交感神経のバランスの乱れのパターンが、人により様々な点です。夜更かしで睡眠不足の方は、副交感神経が低下しています。ストレスを感じながら、運動不足で発散ができなかった方は、交感神経がすり切れています。いずれにせよ、天候の変化に影響され易く、頭痛、腹痛、めまい、難聴、耳痛など様々な症状を訴えられます。

.


サーカディアンリズム(昼と夜のリズム)を整えることはなぜ大切?

24時間で1回転する地球上で生活する他の動植物同様、私たち人間も、体内時計が有り、24時間のリズム(サーカディアンリズム)で、睡眠と覚醒を初めとする様々な生物現象を繰り返しています。日中は、活動に必要な糖代謝が高まり、夜は、ストレスの解消や、日中酷使した肉体や脳のメンテナンスがおこなわれます。このサーカディアンリズムが崩れると、集中力を欠いたり、肌が荒れたり、疲れがとれなかったり、様々な体調不良の原因となります。




自律神経の乱れは薬では治りません!

天候が崩れ、低気圧が近づくと副交感神経が強くなります。自律神経のバランスがとれていると、天候の変化で体調が崩れることはありませんが、もともと自律神経失調症があると、天候の変化に影響を受けやすくなります。 自律神経の乱れを治す薬はありません。ハーバードのグループは、【呼吸法 】が自律神経失 調症の改善に最も効果があったことを報告しています。あなたも、梅雨に入る前に、自律神経を整えましょう。当院では、自律神経のバランスを保つための呼吸のレッスン、並びに快眠をサポートするサプリメントをご提供しています。お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。



【 参考リンク 】:https://tree-of-life.jp/menu/yoga  /  https://tree-of-life.jp/blog/2020/06/18500 




院長:朴澤 孝治



Copyright © 2020 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.