BLOG

2020年10月13日 / , ,

お灸de簡単セルフケア《東洋医学的、秋の過ごし方》


 

今年は秋が急に訪れたと思ったら、寒暖差も激しく不調の出ている方が多いのではないでしょうか?

いつもこの時期は、こんな症状がみられていませんか?

✳️咳風邪をひきやすい・・・

咳だけがいつも最後まで残ってませんか?

✳️痰がからみやすい・・・

咳が一度出ると止まらなくなりませんか?

✳️喉がイガイガしやすい・・・

✳️喘息が悪化しやすい・・・

吸入の出番増えてませんか?

✳️肌荒れが悪化しやすい・・・

お顔だけでなく、手湿疹の悪化も多いのでは?

 


 

東洋医学で秋は「肺」の季節。秋雨前線が過ぎ秋の乾燥した風が吹く頃は、呼吸器系の症状が出やすい季節と考えられています。今年は新型コロナウィルスの影響で、風邪やインフルエンザには罹りたくないし、人前で咳をするのも避けたいと考えている方がほとんどではないでしょうか?

「肺」が不調になると、呼吸器系だけでなく、便秘しやすい、肌荒れしやすいなどの症状が出てきます。そんな秋は、「肺」を補うツボをつかって、感染症予防しましょう!

おすすめのツボは「曲池」です。

曲池は腸活にも使われるツボですので、免疫を高めるには効果的です。           ぜひ、セルフケアとして1日5分で行えるお灸をしてみて下さい♪

 


 

手のひらを上にして肘を曲げ、内側にできた横じわの上の先端です。

出典:せんねん灸 ツボ二十四節気

https://www.sennenq.co.jp/solarterm/

 

お灸はあくまでもセルフケアになります。咳がひどくなってからでは、お灸の煙で更に咳込んだりしてしまいます。その際はお灸を控えるか、マスクを着用し気を付けて行って下さい。

咳が出始めてからのセルフケアとしては、白い食べ物がおすすめです。東洋医学では秋の色は「白」になります。秋の味覚である梨や蓮根などは喉に潤いを与えてくれます。さらに蜂蜜を加えるとより効果的になるので、咳が出始めた時はお試し下さい。

 


 

毎日のセルフケアが面倒だという方は、定期的に鍼灸施術を受けて免疫力を高めるのは如何でしょうか?

継続的に鍼灸施術を受けられている方から、風邪をひかなくなったいう声を多くお聞きします。症状が出てからの施術ももちろんですが、筋肉トレーニングをするように日常的に身体のメンテナンスを整えておくことは免疫力の向上に繋がります。

例えば普段何も症状が出なくても、

✳️季節の変わり目は症状が出やすい方

✳️いつもこの季節は調子を崩しやすい方

少し早めに鍼灸施術で身体を整えてみませんか?

月曜日・火曜日に統合メディカルケアセンター「Tree of Life」でお待ちしております。

 

 

 

*TOL鍼灸セクション Zoom de お灸教室*

薬に頼らない、季節ごとの不調に対するセルフケアの方法を学べます。

ご自宅からお気軽にご参加ください。開催はTOLブログでお知らせします!

佐藤光恵/鍼灸師・せんねん灸セルフケアサポーター



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《 鍼 灸 治 療・美 容 鍼 灸 》のご予約受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お気軽にお問合せください。詳しくはこちら▼
https://tree-of-life.jp/menu/shinkyu

.


< お申込・お問い合わせ >

お電話またはメールにてお申込ください。
統合メディカルケアセンターTree of Life 受付


電 話:022-397-8337
メール:https://tree-of-life.jp/contact



 

 

 

 

 

Copyright © 2020 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.