仙台ボイスセンター

  • 音声治療
  • 構音訓練
  • 吃音治療
  • 摂食嚥下リハビリテーション

喉(のど)の専門家である耳鼻咽喉科医師と発声・発語や飲み込みのリハビリテーションの専門家である言語聴覚士が協力して、発声、発音、飲み込みなどの悩みを解決するお手伝いをします。毎日を楽しく生活するために大切な言葉や喉(のど)の機能の維持・回復のために、ぜひお役立てください。

下記のような症状に、思い当たる事はありませんか?

  • 会話をしたり、歌ったりすると…
  • □ 声がかすれる。
  • □ 声がふるえる。
  • □ 大きな声がでない。
  • □ 高い声がでない。
  • □ 声がガラガラしている。
  • □ 声が裏返ってしまう。
  • □ 正しい発音ができない。
  •   など
  • 食べ物を食べたり、水をのむと…
  • □ よくむせる。
  • □ のどに食べものが残る感じがする。
  • □ 声がガラガラしたり、かすれたりする。
  • □ 口から食べものがこぼれることがある。
  • □ 飲み込むときに、のどに違和感を感じる。
  • □ 食事に時間がかかる。
  • □ 痰がよくからむ。
  •   など

音声治療

話をしているときや、歌を歌ったときに、声の調子が「いつもと違うな?」と感じることはありませんか?
「音声治療」とは、誤った発声方法のためにおこる様々な声の不調を軽減させ、より望ましい声にするための「声のリハビリテーション」です。耳鼻咽喉科医師による声帯や咽・喉頭の検査・診断で、音声治療が効果的、または必要と判断された方に、言語聴覚士が1対1で指導します。平均で月に1回のペースで訓練します。自宅でも練習できるように、仕事や生活スタイルに合わせて練習方法を考えます。また、声帯結節などの再発予防の観点からも、声の衛生指導をあわせて行っています。

構音訓練

「チがティになってしまう…」「シがヒになり、サ行がうまく言えない」「舌がもつれる…」など言葉が上手に発音できず困っていませんか?
構音とは、肺からの呼気で声帯を振動させ、のどや口、鼻の空間を利用し、舌を使って言葉を作り出すことを言います。構音の間違いや歪みは口の中の器官に問題があることも多いのですが、原因がわからず幼少の頃からそのままになっていることも少なくありません。耳鼻咽喉科で鼻腔、口腔にトラブルがないか診察した後、言語聴覚士が苦手な発音の正しい方法を指導します。お子様の発音で悩んでいる方や「人前で話しをする機会があるから発音を治したい」という大人の方も、どうぞお気軽にご相談下さい。

吃(きつ)音治療

「最初の文字を繰り返す」「音を引き延ばしながら話してしまう」「話そうとすると、身体が動く」「友達に話し方をまねされて悲しかった」など、言葉が吃(ども)ってしまうことで、日常生活の活動範囲が狭くなり、社会参加が制約されてしまうことがあります。吃音のメカニズムは多種多様で複雑にからみあっています。100%完治とまではいかなくても言語聴覚療法で「吃音があっても気にならない」「吃音が楽になる」ということが期待できます。「なんとかしたい、でもどうしたら…」と1人で悩まずに、まずはご相談下さい。ご相談のみでも承ります。

摂食嚥下リハビリテーション

食事が楽に食べられなくなってしまうと、バランスの良い栄養がとれなくなるばかりでなく、人生の楽しみも失ってしまうこともあります。
「飲み込みがうまくいかない」と感じたら、最初に耳鼻咽喉科を受診して下さい。口の中や、咽・喉頭内の診察と嚥下内視鏡検査で飲み込みの様子を確認した後に、その方の状態にあわせてリハビリテーションを考え、訓練していきます。嚥下体操や呼吸のコントロール方法、姿勢や食事形態の調整法、口腔ケアなど、その方の状態にあわせて、必要なポイントを、細かくアドバイスしていきます。トレーニングは毎日行うことで、効果を感じることが多いようです。摂食嚥下リハビリテーションは、誤嚥性肺炎の予防にも役に立ちます。

ページの先頭へ

料金

初診、再診とも…¥5,000+税(45分)
キャンセルポリシー

訓練期間

症状やお住まいの場所によってご相談させていただいております。疾患によっては長期間かかる場合もあります。

診療日

木曜日午後、金曜日午前、土曜日午前
【午前】9:00~12:45 【午後】14:30~18:15(45分単位)
★完全予約制。
★初回の方は朴澤耳鼻咽喉科での診療が必要です。

担当者

太田 絢子(言語聴覚士)

セルフケアセミナー

★プロフェッショナルボイスユーザーのためのボイストレーニング講座
定期的に声を使うお仕事や趣味をお持ちの方向けに発声のメカニズムを理解し、より良い発声法を修得するためのセミナーです。
★むせても安全に食事を楽しむ嚥下訓練講座
加齢により食べ物や水を飲み込むタイミングがずれるとむせやすくなります。嚥下訓練で誤嚥性肺炎を予防し、食事を楽しみましょう。

セルフケアセミナーの申し込みはこちらから

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.