BLOG

2017年01月27日 / ,

スギ花粉症の体質改善とは?

.

今や国民病といわれる『スギ花粉症』。毎年2月頃から、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出て辛い・・・という方が年々増えているようです。抗アレルギー剤を内服すると、その一時症状は抑えられますが、花粉の飛散が終わるまで、この症状が出ては薬を飲む生活が続き、来年もまた・・・と、この時期がとてもストレスになってしまいます。そこで朴澤耳鼻咽喉科/統合メディカルケアセンターでは・・・
.

 スギ花粉に対する アレルギー体質そのものの改善 をお勧めしています。

.

スギ花粉症体質改善をはじめるまでの流れは下記の通りです。

.

 Step.1  朴澤耳鼻咽喉科を受診してください。

.

.スギ花粉の飛散開始前の1月下旬から2月中旬に、朴澤耳鼻咽喉科へお越し下さい。アレルギーの原因について問診します。スギ花粉症と思っていても、ヒノキ花粉やハウスダストなどのアレルギーの場合もあります。体質改善は、アレルギーの原因別に異なるレメディを使用するため、原因をはっきりさせることが大切です。アレルギーの原因がわからない場合は血液検査を行います。( 結果は一週間で分かります。)

.
.

 Step.2  スギ花粉症の診断がついたら体質改善を開始します。

.

.スギから作られたレメディ ( アイゾパシー療法のお薬 ) を2ヶ月分お渡しします。スギ花粉が飛散する2月中旬〜4月中旬までの2ヶ月間、1日1回、1粒ずつ、忘れずに毎日服用してください。飲み方は、看護師より丁寧に説明させて頂きます。体質改善と同時に、抗アレルギー剤を服用することができます。体質改善開始2週間は、一時的に症状が強く出ることがまれにあります。アトピーの方は、体質改善開始2週間は湿疹を予防することが大切です。また、喘息の方は、喘息発作を予防するお薬を併用することが大切です。まずは症状を医師にご相談ください。【 体質改善のレメディ代 6,500円+税 】※体質改善は保険外診療です。

.
.

 Step.3  1ヶ月後に再受診してください。

.

目の症状はやや改善が遅い印象がありますが、70%の方は内服を開始して一ヶ月過ぎから徐々に効果が出てきます。抗アレルギー剤が必要な方は追加で処方します。お気軽にご相談ください。

.
.

眠気や口渇などの副作用もないので、 小さな子供さんや、妊娠中・授乳中のお母さんでも安心 して飲むことが出来ます。アレルギー体質が変わるので、鼻の症状だけでなく、目のかゆみや喘息、皮膚症状も改善します。毎年繰り返し、春先に抗アレルギー剤を飲み続けるより、今年から体質改善を始めてみませんか?

.

院長 朴澤 孝治

.
<関連リンク> 院長BLOG
院長書籍『花粉症は治る病気です』
そろそろスギ花粉症の準備を

Copyright © 2020 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.