BLOG

2020年03月26日 / ,

肩こり・腰痛など、慢性の痛みでお悩みの方、鍼灸がお薦めです

.

肩こり・腰痛など、慢性の痛みでお悩みの方、鍼灸がお薦めです

.
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」を、ご覧になってますか?久しぶりに戦国時代に焦点をあて、しかも謎に包まれた人物、明智光秀を主人公に、興味深い展開になっています。先日、堺正章演じる、医師望月東庵と、その助手駒さんが、鍼灸治療をしている場面がありました。16世紀の日本で、鍼灸治療は一般に普及した治療でした。


.
今から30年位前にスイスのアルプスで、5千年前の人間のミイラがみつかりました。アイスマンと呼ばれたそのミイラを、色々調べて見ると、経絡に沿った鍼灸治療で腰痛の治療をした跡が見つかりました。鍼灸は五千年以上の歴史がある事になります。効果がなければかくも長きにわたり、治療に利用され続けることは無かったことでしょう。

.
西洋医学だけでは、医療費の高騰を止めることができないことに気づき、欧米では西洋医学以外の、東洋医学や、チベット医学、アユルヴェーダなどの補完医療の可能性を研究しています。アメリカでも、日本の厚生労働省にあたるNIHに、補完医療を扱う独立した機関を立ち上げました。そして、癌研究を上回る国家予算を投じて、補完医療の治療効果と、副作用を研究しています。
.
この機関で、戦傷者の疼痛に対して、従来のモルヒネなどの医療用麻薬による鎮痛効果と、日本の鍼灸の鎮痛効果を比較する研究が行われました。結果は、鍼灸はモルヒネを上回る鎮痛効果があり、しかも安全で、意識がどんよりする麻薬の副作用も無いので、患者様にとって有益である上、医療費が大幅に削減できることもわかりました。アメリカでは、この結果をふまえ、すぐに鍼灸を実際の患者様の治療に応用しました。現在、鍼灸は戦傷者の疼痛対策に無くてはならない物になっています。

.
病院で行われる『西洋医学』は、人の「細胞」や、「臓器」を診て悪い所を治療します。これに対して、『東洋医学』は、人間の全体を見て、そのバランスを取りながら健康を保とうという考え方に基づいています。それぞれ得意分野があり、西洋医学で治せない症状を東洋医学で治すことも可能です。
.

当院では、9年前の開院後、すぐに統合メディカルケアセンターTree of Lifeに、鍼灸部門を設立しました。病院では治らなかった腰痛が、鍼灸治療により痛みが消えて、脚を引きずりながら来院された方が、すたすたと歩いて帰られる例は沢山あります。喜ばれる患者様の顔を見ると、鍼灸を取り入れて良かったと思います。腰痛、肩こりなどの、痛みに関係したものや、以下のような症状に、特に効果が見られています。
.
自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠
腰痛、肩こり、関節炎、五十肩、坐骨神経痛、ぎっくり腰
消化不良、下痢、便秘
更年期障害、生理痛、冷え症、むくみ、不妊症
顔面神経麻痺、嗅覚障害
.
症状がある場合は、まずは、西洋医学的に、問題がないかよく調べることが大切です。たとえば、癌のために痛みがでている方には、癌の治療が優先されます。西洋医学的には、原因がわからず、治療法もないという時に、西洋医学を補完する形で鍼灸を受けると効果がでます。多くの場合、3回施術を受けることで、治療効果を感じる事ができるので、その後、ご自分にあっていると思ったら継続して下さい。
.
鍼治療は痛いのではと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、痛みのない鍼治療もあります。病院に通院してもなかなかよくならない、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛などで悩んでいらっしゃる方は、一度、体験されてはいかがでしょう?毎週、月曜午後と火曜日が施術日です。お電話で、ご予約の上、お出かけ下さい。
.

鍼治療は、専門の知識が必要ですが、お灸は、セルフケアに、応用できます。お灸は、ツボを刺激して、血行をよくし、ご自分の自然治癒力を高めます。最近は、お灸を毎日の健康維持に取り入れているお灸女子が、増えているそうです。
.
4月4日、当院の鍼灸師、佐藤光恵が、はじめての方にも、わかりやすく『つぼ』と、『お灸の方法』をご指導するお灸教室を開講します。是非ご参加下さい。あなたもお灸女子に仲間入りしましょう。
.
.

文:朴澤孝治
.
.
.
詳細・お申込はこちら → https://tree-of-life.jp/blog/2020/02/17541

.

.
鍼灸治療のご予約・詳細はこちら → https://tree-of-life.jp/menu/shinkyu

Copyright © 2020 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.