BLOG

2018年06月05日 / , , ,

《 教えて!朴澤院長 》慢性的なそのお悩み、隠れたアレルギーが原因かもしれません。

慢性的なそのお悩み、隠れたアレルギーが原因かもしれません。

遅延型食物アレルギーを知っていますか?


ピョンチャンオリンピックで、見事金メダルを獲得したスピードスケートの小平奈緒選手の活躍は素晴らしかったですね。小平選手が、スピードスケートのメッカ、オランダに留学した時に、卵と乳製品のアレルギーになり、体調を崩したそうです。このアレルギーは、スギ花粉症のような即時型のアレルギーとは異なる、遅延型食物アレルギーです。アレルギーの原因を食べてから2~3日経ってから症状が出るので、なかなか原因がわかりにくく、自分の好物にアレルギーになっていることもあります。小平選手も、チーズなどの乳製品や卵が多いオランダ料理を毎日食べた結果、アレルギーになってしまいました。一流アスリートが食物アレルギーを克服して、成功することは、テニスのジョコビッチ選手の小麦グルテンアレルギーなどたくさんの例があります。




実は私は、今から30年以上前、東北大学で遅延型アレルギーの研究をしていました。メニエール病や、中耳炎が遅延型アレルギーで起こることを証明し、東北大学医学部奨学賞銀賞と医学博士号を授与されました。30年が経ち、遅延型アレルギーの検査が簡単に行えるようになり、患者様の様々な症状が治療できるようになったことは私の大きな喜びです。遅延型食物アレルギーが引き起こす症状は、消化器、呼吸器、泌尿器、感覚器、皮膚、精神症状などなど、様々です。原因不明の慢性症状をお持ちの方は、食事を変えるだけで、症状が改善する可能性があります。あなたも遅延型食物アレルギー検査を受けてみませんか?

院長:朴澤孝治



慢性の症状がありながら、原因がなかなか分からない方に
遅延型食物アレルギー検査をオススメします。


検査の詳細はこちら→http://tree-of-life.jp/blog/2018/06/15854

Copyright © 2018 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.