BLOG

2019年03月29日 / ,

《 教えて!朴澤院長 》舌の病気のお話

正しい理解で健やかな毎日を。
 舌の病気のおはなし 

.
堀ちえみさんが、ステージ4の舌がんを公表され、治療を受けたことから、舌の病気に関心が集まっています。

舌がんは、舌にできる扁平上皮がんで、飲酒、喫煙、刺激の強い香辛料の刺激、虫歯や、歯があたるなどの慢性の機械的刺激が原因でできます。粘膜にできる癌ですので、必ず粘膜に潰瘍ができます。 舌の中央や先端にできることはほとんどなく、側縁に多く発生します。2週間以上、口内炎が治らないとき、白、または赤い斑、硬いしこりができた時は、耳鼻咽喉科を受診して下さい。
.
.
一方、癌を心配するあまり、舌の正常な構造を癌と勘違いしてしまうことがあります。舌の奥に一列に並ぶ、球状に盛り上がった有郭乳頭や、舌の奥の側縁にあるヒダ状の葉状乳頭などは、よく見ないと見つからないので、がんと心配される方がいます。また、舌は、栄養状態をよく反映します。亜鉛や、ビタミンが不足すると、味覚が低下するとともに、痛みが出たり、舌の表面に、しわができたりします。逆流性食道炎があると、舌が黒くなります。体調にも影響するので、舌をチェックする習慣を持つのもいいですね。ただし、余り心配しすぎないようにお願いします。
.
日ごろから、鏡で口内をチェックしたり、気になる病変や症状が続く場合には、早めに受診しましょう。

院長 朴澤孝治

Copyright © 2019 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.