BLOG

2015年10月07日 / 

第11回日本医療リンパドレナージ協会学術大会     会員発表(ポスターセッション)に参加

リンパドレナージ学術大会

さる9月26日(土)に、横浜会場で行われた第11回日本医療リンパドレナージ協会学術大会に、会員として会員発表のポスター掲示を行ってきました。

 

b_ornament_48_3M

 

私が今回の学術大会参加を通して、

リンパ浮腫にお悩みの方にお役立ちいただけると思われる

学び得た情報をお伝えしたいと思います。

 

1.「メディカル・リンパドレナージュ開設の取り組みとその課題」を発表から見えたこと。

リンパ浮腫の治療とケアを必要とする方々に出会えるよう

リンパ浮腫でお困りの方に、リンパドレナージュを知って頂くために取り組みとして

患者会への参加、医療機関・事業所への広報活動、ブルグ等で情報発信、

各種セルフケアとの合同セミナーの開催。

これらを通しての現在のご利用状況を伝え

患者ご本人のQOL維持向上のために、

早期発見・早期治療とケアに繋げる働きをしていることを伝えて来ました。

 

IMG_20150926_095426153 (1)

 

会員の方々は、

「リンパ浮腫でお困り方は、情報を求めています。継続することがとても大事」

「種々のセルフケアを受けられていいですね。参加したい気持ちになりますね」等。

 今後も当センターの統合メディカルケアの特徴を有効に生かしながら、

皆様の健康維持増進をお手伝いしていきたいと思います。

 

2.教育講演「リンパ浮腫治療の実際」からの情報

 リンパ節を広範囲に郭清したころは、重症のリンパ浮腫の方が多かったが、

 最近は低侵襲の手術が中心で重症例は減少しています。

 しかし、放射線療法と抗がん剤併用で、周径は細いですが皮膚が硬く、

 関節の拘縮をきたすような浮腫が増加しています。

 早期発見・早期治療の必要性は今も変わらず大事です。

 

3.教育講演「重症別のリンパ浮腫治療の実践」からスキル向上へ

後藤学園付属リンパ浮腫研究所 所長佐藤 佳代子先生の

病期別のリンパドレナージュと圧迫療法のデモストレーションは

ゴット・ハンドを思わせる素晴らしいものでした。

その様子を目に焼き付け、

私も日々の皆様のご相談、施術に専念したいと思いました。

当センターでのセルフケア講座においても、

日々のセルフケアの工夫をお伝えしていきたいと思います。

b_ornament_75_1M

 

日本医療リンパドレナージ協会とは

目的:リンパ浮腫の知識の普及、対策のための調査研究。医療リンパドレナージセラピストの養成。リンパ浮腫患者様の治療促進をすると共に、予防啓発の貢献と福祉の増進に寄与。

会員:医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧士

会員数:548人(2015年3月31日現在)

 

illust1105_thumb

 

*リンパ浮腫の相談・施術は、毎週水曜日午後1時半から6時(予約制)

*セルフケア講座は、毎月1回開催中です。

10月予定は、こちらでご確認ください。http://tree-of-life.jp/blog/2015/09/11091

*お問い合わせ・申し込み先 電話397-8337 e-mail: http://info@tree-of-life.jp

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.