BLOG

2017年08月24日 / 

適度な水分補給で声の不調を予防しましょう

こんにちは。言語聴覚士の太田です。
雨や曇りの日が多く夏らしくない日が続いていましたが、また暑くなってきましたね。
夏も残りわずかですが、もうしばらく熱中症対策は必要なようです。
熱中症対策には水分摂取が大切!という話は有名ですが、実は声の衛生を保つためにも水分摂取は大切なのです。


水分が不足するとのども乾燥してしまいます。
そうすると、風邪をひきやすくだけではなく、声を作り出す”声帯”が痩せてしまったり、傷つきやすくなったり、傷の治りが遅くなったり…というリスクが高くなってしまいます。
声帯がそのような状態になると、声質が変わったり(ガラガラ声やカサカサ声)、声が出づらくなったり、息が続かなくなったりします。

のどを含め身体の水分を適度に保つために必要な水分量は、1日1.5ℓ程度と言われています(食事から得られる水分量は含みません)。
暑い日は普段よりも水分を消耗しやすいので、2ℓを目安に摂ると良いでしょう。

水分量だけではなく、摂取の仕方にも注意が必要です。
一度に多く摂ると、吸収しきれずに排出量が増えてしまいますし、かえって体調を崩す危険もあります。
大切なのは、一日の中で分散して摂取することです。

また、1.5ℓ〜2ℓの水分を摂ることは意識しなければ意外と難しいので、タイミングを決めてコップ一杯程度ずつ飲むようにすると良いでしょう。
特に水分摂取が必要なのは、起床後・就寝前・入浴前後・運動中~後と言われています。

今回は水分摂取と声についてお話しさせていただきました。
声の不調を予防するためにご参考いただければ幸いです。

適量を適切に摂取して声の衛生を保ちましょう!

 

Copyright © 2017 統合メディカルケアセンター Tree of Life, All Right Reserved.